ブログ課業

わらべうた

一日の生活の中で、歌をうたわない日ありますか?
何かをしていて気がつくと、歌を口ずさんでいたり・・・
大人も子どもも、きっとあることでしょう。
子どもたちが一番無理なくうたえる歌は・・・
わらべうたです。

6月の季節のわらべうたを3曲紹介します。

2020.5.26

親子で体を動かそう!

気温も上がらず、肌寒い日が続いていますね。
みなさん、元気に過ごしていますか?

今日は、室内でできる運動あそびを紹介します。
ぜひ親子でやってみましょう!

 

〈手を使ってすばやくできるかな?〉
準備
親子で向かい合って、椅子にすわります。
①ハンカチを1枚用意します。
②先が尖っていない棒(ふた付きのペン、サランラップの芯など)を1本用意します。

内容
①ハンカチ取りの遊びです。
ハンカチをつかむ人は、片手を前に出して、親指と他の4本指の間にハンカチをかけます。引き抜かれる前にハンカチを握ることはできるかな?
ハンカチを取る人は、相手を見ながら素早くハンカチを抜き取ってみましょう。

②落ちてくる棒をつかむ遊びです。
棒を落とす人は、正面に立って棒を上からそっと落とします。
棒をつかむ人は、椅子にすわり、片手を出して構えます。
落ちてくる棒をつかめるかな?

親子で交代しながら、対戦してみよう!

 

〈全身を使ってシーソーになりきろう!〉
準備
周りのものに注意し、広い場所で行います。

内容
①立ったりすわったりするシーソー
親子で向き合って、両手をつなぎます。
交互に立ったりすわったりして、シーソーになりきろう!

②すわって行うシーソー
親子で向き合ってすわり、両足を開いて足の裏と裏を合わせます。
交互に前後に動いてみましょう。
無理のないように、膝を曲げても大丈夫です。

③背中の向き合ったシーソー
両足を伸ばして背中合わせにすわります。
交互に体を伸ばしたまま、背中の上に軽く乗ってみましょう。

体が伸びて、気分もスッキリしますよ♪

親子で楽しみながら、体を動かしてみてください!

2020.5.22

体について考えてみよう!

スッキリしないお天気が続いていますが、皆さんお元気ですか?

 

今日はおうちで環境認識の課業に取り組んでみましょう!

テーマは【体】です。

①体の部位について

体にはたくさんの名称がありますが、子どもたちはどのくらい知っているでしょうか?

首から上の部位だけ見ても、こんなに色々なパーツがあります。

自分の顔や体を触りながら考えてみましょう!

「目はふたつ、耳もふたつ、鼻はひとつだけど・・・鼻の穴はふたつある。」など

親子で数えながら自分の体について調べてみると楽しいですよ!

②こんな時はどうする?

自分の健康を守り、清潔な状態を保つためにはどうしたらいいか考えてみましょう。

体が熱い時は・・?

転んで擦りむいた時は・・?

ご飯を食べたら歯を磨く、汗をかいたら着替えるなど

大人にとっては当たり前の生活ですがどれも体を守るために大切なことです。

親子で、こんな時はどうしたらいいかな・・?と

クイズをして楽しみながら健康について改めて考えてみるのもいいですね。

急に気温が下がり、体調管理が難しい時期ですがお身体にお気をつけてお過ごし下さい。

2020.5.21

リモコンロボット

今日はお家の中で、大人も一緒に楽しめる数遊びを紹介します。

その名もリモコンロボット!

まずは絵のようにお家にある道具をいくつか感覚を開けて置きます。
リモコン役の大人は、ロボット役の人にテンポ良く指示を出します。

例:椅子の前に立つ
テレビの前を通って積み木をまたいで立つ
机をくぐってクッションの上に座る など

ロボット役の人は指示を聞き、その通りに動きます。
上手に動けたロボットには拍手を!

まずはロボットを1人ずつ行い
慣れてきたらロボット役を2人3人と増やしたり、リモコン役を交代したり
指示を出すのも意外と難しいので年齢に合わせて遊んでみてください。

使う道具は、みんなが名称を知っているものならなんでもOK!
テレビ、ソファー、ぬいぐるみ、椅子、かご、フープ…
他にはどんなものが使えるか、家族で考え持ち寄るのも楽しいですね。

年齢の高い子には指示を長く難しくしてみましょう。
例:椅子と積み木の間を通って、かごを触って後ろ向きのまま戻る など

指示の中には、前・後ろ・横・右・左・間・進む・戻る・曲がる・立つ・しゃがむなど、様々な空間や位置を表す言葉を意識的に使うと、より頭を使って楽しめますね。

慣れてくると子どもたちだけでも楽しめますよ。
ぜひご家族皆さんで遊んでみてください♥

2020.5.20

身近なもので…(数あそび)

5月も半ばが過ぎました。気温差が激しい毎日ですね。
今日は、お家にある物を使って、課業<数あそび>をしてみましょう。

☆準備する物
・バナナ吊り下げ用スタンド(S字フックなど)
・ハンガー
・袋2つ(紙袋やスーパーの袋など)

机の角にセットして,スタンドの足をテープで固定するか、大人が押さえます。
袋に測りたい物を入れます。どちらが下がるかな?
~大きく見えて軽い物 小さく見えて重い物~
重さ比べを楽しんでみるのもいいですね。

 

2020.5.18

やってみよう!!(粘土)

◎粘土のおもしろさ
子どもは粘土のように“こねられるもの”を触るのが大好きです。

1歳になるころから、何かを作るよりも素材の感触を体験する。
2歳頃には、手触りを楽しむ。
3歳頃には、素材を使い始める。
4歳頃には、物を作り始める。
5歳頃には、出来上がったものに満足する。

◎粘土の種類
粘土は子どもはもちろん、大人も楽しめる工作材料です。多くの種類があり楽しみ方も様々です。

★小麦粉粘土
粘土の感触を楽しんだり、丸める程度の時期に適しています。

★油粘土
初めから比較的やわらかで使いやすい、繰り返し使用できる粘土です。

★紙粘土
繰り返し使用することは出来ませんが、乾いたら色が塗れるという特徴があります。

★樹脂粘土
色がついた物や、比較的《のび》が良く、細かい細工が出来ます。空気に触れて固くなり色がつけられるものもあります。

幼いうちから《こねる素材》を触って、いろいろなことをやっていると楽しめるようになります。
粘土の粒が散ったり、髪の毛につくのを気にしていては楽しめません!
ビニールのテーブルクロスを粘土専用に用意して、粘土板を置くと良いでしょう。
親子で作品作りを楽しんでみてください😊

*おまけ*あると便利な道具!

・粘土板・のし棒・ヘラなど粘土用の物がありますが、家庭にある文房具やキッチン用品も使えます。工夫してみてください❣
ちなみに、私のおすすめはパン作りの道具である『スケッパー』です。粘土がスパッと切れて気持ちいい!

2020.5.8

こいのぼりを作ってみよう!

もうすぐこどもの日。
今年は幼稚園で制作ができなかったので、おうちでも出来る制作を紹介します。

まず紙をこいのぼりの形に切ります。

画用紙や折り紙などをお家にある紙を自由にちぎって貼ったり

絵の具をつけてスタンプをしたり!
(ダンボールを様々な形に丸めてテープで止めたものや、綿棒やペットボトルのキャップなど様々なものでスタンプできますよ)

クレヨンで描いた上に薄めた絵の具を塗ると・・・

模様が浮き上がってくる『はじき絵』もできますよ。
絵の具は水を少し多めにするのがポイント!
調節しながらお子さんとチャレンジしてください♥

出来上がった作品は、割り箸や広告を細く丸めて棒につけて、
子どもたちの好きなところへ飾ってあげてくださいね。
お家でも親子でこどもの日を楽しんでみてください。

年少組

2020.4.30

あした天気にしておくれ♬

風早幼稚園で子どもたちが日頃から親しんでいるわらべうた!
わらべうたは小さな子どもでも無理のない音域でできていて、美しく歌うことができます。
子どもたちが大きくなっていく中での、音楽の基礎にもなると私達は考えています!

今日の午後は雨。
家で過ごす時間が多いとはいえ、雨が降ると憂鬱・・・ですよね。
そんなときにはこのわらべうた!

「てるてるぼうず」
てるてるぼうず てるぼうず
あしたてんきにしておくれ♬

とても有名なわらべうたですよね。
風早幼稚園でもみかん組から年少、年中、年長組までどのクラスでもよく口ずさむ曲です。

てるてるぼうずの形に切った紙に子どもたちが顔などを描いてくれました!
紙だけでなく、ダンボールやボタン、布など・・・いろいろな素材を切ったり貼ったりして作ってみるのもいいですね。
雨の日が少しでも楽しい時間になりますように!

2020.4.28

お家にある物を使って…

皆さんこんにちは。

子ども達の元気な声が響く園舎での生活を待ちわびる毎日です。

今日は、普段私たちが課業<文学>で、詩やことば遊びを楽しむときに使っている道具 “ブラブラ人形” をご紹介します。

この“ブラブラ人形”の顔と胴体、実は空き箱で出来ているんですよ!

それぞれの空き箱に歯切れ布を貼り、顔にフェルトを切ってパーツを貼り付けます。
手足の部分は穴をあけて細い紐を通し、足にはペットボトルのキャップがついています。
箸や細い棒をつけると、動かしやすいです!

ここで“ブラブラ人形”を使った ごろあわせ を紹介します。

『ヨイサッサ』
ヨイサッサ ヨイサッサ コレカラハッチョウジュウハッチョウ
ハッチョウメノコウグリワ コウグリニクイコウグリデ
アタマノテッペンスリムイテ イッカンコウヤク ニカンコウヤク
ソレデナオラニャ イッショウノヤマイジャ

言葉を唱えながら歩かせたり、ぴょんと弾ませてみたり…
ぜひ親子で一緒に作ったり、演じたり遊んでみてくださいね。

みかん組

2020.4.24

体を動かそう!

みなさんお元気ですか?

1日でも早く子どもたちに会える日を
とても楽しみにしています!

最近、ぽかぽかした日が増えてきましたね。
そんな晴れた日は、おでかけしたくなりますが…
今回は、体を動かしながら楽しめる【縄跳び】を紹介します!

年長組は小学校への進学を意識して普段から縄跳びを行っています。
このような状況の中でも体を動かしてほしいという思いから、他の学年でも
出来る縄跳びを取り上げてみました。

<縄跳びの基本技である、まえとびの習得に向けた“縄跳びあそび”をお教えします!>

レベルが3段階に分かれているので、お子さんに合った遊びを楽しんで下さいね。

◎レベル1◎

・縄跳びを地面に置き、縄を踏まないように前後・左右に跳ぼう!※参考写真あり

・片手で縄跳びを持ち、体の前でグルグル回してみよう!※参考写真あり

◎レベル2◎

・縄跳びは使わずに…子どもたちの好きな、ケンケンパ!たくさんできるかな?

・片手で縄跳びを持ち、体の横でグルグル回してみよう!※参考写真あり

◎レベル3◎

・縄跳びは使わずに…ジャンプをして空中にいる間に1回、手を叩けるかな?

・親子や兄弟で向かい合い、縄跳びを一緒に持って回してみよう!※参考写真あり

◎どの遊びも子どもたちの自由に遊ばせてあげてください!

踏み切りの足がバラついて気になったり、まずは前回しなのに、、という決まりはありません。たくさんの遊びの経験から少しずつやりやすい方法を身に付けていくので保護者の方はスペースの確保をして怪我のないように、優しく見守ってあげて下さいね。

☆チャレンジ☆

・前まわし、後ろまわし、どちらも挑戦してみてね!

・片足とび、両足とび、どっちが簡単かな?

親子で楽しく体を動かして、
元気に過ごしましょう!

 

年中組

 

2020.4.23