ブログ

うたの会

1月の末から、2月にかけて年中・年少のうたの会でした。4月からうたってきた、遊んできたわらべうたを何曲か流れに乗せて、ご家庭の方々に披露しました。わらべうたの良さは、音域が子ども達にあい、また、しぐさとうたが一致して自然に体の中にながれていくことです。親子・子ども・大人同士でのふれあいが、心の交流まで育てることです。我が園はわらべうたをとおして、子ども達に音楽教育の基礎を培っていきたいと願いをこめて、課業として組み立てて取り組んでいます。

聞く耳を育てること、つまり、どなることなく、仲間の声・先生の声を聞きながら歌っていく大切さ、リズムの基本である鼓動(拍)を感じながらわらべうたを遊ぶことなど、今回、年少・年中組の子ども達はどのように見せてくれたのでしょうか?年少・年中組それぞれのクラスがわらべうたにより、とてもやさしい時間をつくりだし、それがお母様方に伝わったのではと思います。歌う声・鼓動に合ったしぐさが自然に流れていたのをかんじて頂ければと思います。それではスナップでもう一度再現します。

2012.2.8

節分

2月3日は節分でした。鬼は外!福は内!幼稚園内外に響き渡る声・声・声、、、、節分の豆があちこちにまかれて、活気のある一日でした。インフルエンザ・放射能・地震への不安を吹き飛ばせー。にぎわいの後の園庭にはまかれた豆を求めて、鳥たちがやってくるのも一つの風物詩になっています。

2012.2.8

子どもギャラリー




2階のプレイルームを中心に空間を年少・年中・年長の3つに分け、いままで取り組んだ絵と制作した作品、全園児のものを展示しました。

今までの絵から子どもが選んだもの1点(想像画・経験画・デザイン画などなど)、製作物はクラスごとにテーマを決めて、様々な材料でつくったり、又、ひとつの材料で自分のイメージでつくりたいものをつくったりと、年令にあった課題を取り組むようにしています。年令ごとの発達が見える!それもまたギャラリーのねらいです。

子どもの作品は、できるだけ子どもの思いが伝わるように、作品に焦点があたるように、見せ方も工夫しています。小さな美術館!まさにその一言につきます。

「こどもギャラリー」写真でお楽しみください。


2011.12.19

サッカー大会

12月15日(木)は年長組の活動、サッカー大会でした。晴天!まさにサッカー日和でした。サッカーコーチのもとに4月から男女に分かれてサッカーを楽しんできた子ども達。今回、各クラス男女2チームに分かれて、園庭で2面のコートでそれぞれ男女ごとの優勝を目指して対戦しました。チーム名、キャプテン・キーパー順はチームで相談しあって決めました。レジェンドダーク・ドラゴンジェット・ライモンチュウ・ジャパン・チーター・流れ星・なでしこ・きりん2組ガールチーム、、、、、。

さて男女どのチームが優勝したでしょう。写真で奮闘ぶりをどうぞ!

2011.12.19

子どもパーティーが終わったら冬休み

2学期は子どもパーティーで終わりになります。少・中・長それぞれの学年がだしものなどの趣向をこらして、パーティーをします。子ども達はお客様、招待状をもって会場へ。1部2部形式でだしものが続きますが、あいだにテータイムが入り、ケーキ・紅茶を学年みんなで頂きます。会場全体はクリスマスに彩どられ、曲も静かに流れて、夢のような時間へと子ども達を導きます。子ども達の笑顔が暖かいひとときです。

このパーティーが終わったら冬休みに入ります。子ども達一人一人が元気で暮れからお正月を過ごしてほしいとおもいます。風邪をひきませんように!皆さま良いお年をお迎えください。

2011.12.19

砂場の砂の入れ替えをしました

子ども達の笑顔をみてください。砂場遊び再開です。11月2日・3日にかけて砂場の砂の入れ替えをしました。4日の市による放射線の定期的な測定では、砂場は0.008~0.009台で安全基準にあると判断をし、砂場遊びを始めることにいたしました。
放射線被ばくの心配がでた時期から、落ち葉の撤去・草取り・水撒き・U字講の清掃・敷地の隅々までの除染活動を常とし、職員・業者による表土の削り、高圧洗浄での除染なども定期的に行ってきました。今回は砂場の入れ替えをし、外遊びをまた豊かにしたいと思っています。
なお、11月の放射線の測定結果は市のホームページに掲載されておりますのでご覧ください。

2011.11.11

秋の遠足

10月21日(金)は一日曇り、雨を気にしながらも、なんとか天気がもちなによりでした。
年少組は市川市動植物園、年中組は上野動物園、年長組は国立科学博物館の遠足です。
年少組は園バスで、年中・年長組は柏駅から電車遠足です。それぞれのクラスを班ごとに分けて、お手伝いのお母さんと共に子ども達を引率し、安全をはかりながらの一日でした。
年少組は市川市動物園でうさぎ・牛・豚・馬などの身近な動物とレッサーパンダなどの動物を見たり、ふれあったりとまさに、年少組の遠足規模にもぴったりです。ミニSLも大人気、子ども達も笑顔いっぱいでした。
年中組は上野動物園、この日も混んでいました。人人人、、、、四足動物に絞っての見学予定でしたが、室内の動物はやはり見学しづらかったです。オープン柵の動物や、東園の動物園はじっくり見られました。また、電車遠足は新しい経験で、帰りなどは席があいていたのですが、車外の風景に興じて、ずっと立っている子もいました。
年長組の遠足は上野にある科学博物館です。科学の不思議な仕組みにふれたり、恐竜・大型動物のはく製で動物の進化を探ったりして興味津々、集中して自立ある行動に頼もしさを感じました。それぞれの学年のスナップをご覧ください。

【年少 〜市川市動植物園にて〜】

【年中 〜上野動物園にて〜】

【年長 〜国立科学博物館にて〜】

2011.11.11

第32回運動会おこなわれる

10月8日(土)、第32回運動会を大津ヶ丘第2小学校校庭で行いました。天高くまさに秋晴れの日、保護者の皆さまの熱烈な応援の下、子どもたちは伸び伸びと競技に興じました。
入退場門はなでしこJAPANの栄冠をたたへ、また、東日本大震災の復興を願い、被災に負けない日本を掲げてつくりました。テーマはまさしく、「がんばれ日本!」
オープニングでメッセージ旗をもち、子どもたち全員の行進からはじまりました。年少・年中・年長の年令的な育ちの違いがわかるかけっこから始まり、それぞれの学年が工夫を凝らした競技を次から次に披露。年少組のかわいいしぐさと衣装にやはり笑みがこぼれます。クラス対抗のつなひきで子どもたちの勝負に対する粘り強さに、保護者も含めて私たちも感動した年中組、力強い曲にのって勇壮に踊りきった年長組、またリレーも手に汗をにぎる展開で観客のボルテージは上がりっぱなしでした。
フィナーレは民踊「かんちょろりん」、我が園の歴史がこの民踊に光ります。昼前の終了でしたが、保護者の皆さまからは、内容の濃い・楽しい運動会だったと評価を頂きました。今から、紹介する写真にあの熱く・そしてさわやかな1日がよみがえります。

2011.11.11

十五夜「だんごを食す」

だんごを食す1年で一番美しいといわれる中秋の名月を祝い、3学年それぞれ十五夜の行事に取り組みました。
ススキ、おみなえし、われもこう、ききょうなど秋の草花を飾り、学年ごとに子ども達が集い、秋の風情を感じる詩や物語を人形やペープサートを使い、子ども達をお話の世界に誘いました。
子ども達の笑顔を見てください。とろけるようなみたらし団子を食して大満足。年長組は先生が抹茶をたてて、さらに会を盛り上げました。
その日の月はまんまる!本当に6年ぶりに満月でした。
ススキの風情がさらに盛り上げたことと思います。

07540750076107720778
07670770

2011.9.22

敬老の日のとりくみ

08289/19(月)は敬老の日です。年少・年中・年長組とも、家庭でおじいちゃんおばちゃんの宛名の協力を得て、学年それぞれに工夫をこらして作成し、作成したはがきをもってポストに投函しました。3才は園内の手づくりポストに入れました。
どのようなレターがおじいちゃんおばちゃんに届くのでしょう。ハガキの出来上がりは内緒!お楽しみに。

080808140830

2011.9.22