ブログ

お別れ会

DSC_0564

この時期恒例のお別れ会です。年長組がお世話になった園職員を全員招待してのイベントです。年少組はひとりひとりお花をさしてアレンジメントづくり、年中組はエプロンをしてパテシエに変身してのデザートづくりです。それらが年長の為に会場に飾られ、パーティームードを高めます。そして年少組全員でのだしもの・年長組全員でのだしものが続き、園長・主任からのだしものも入り、会場は感動したり、笑いにつつまれたりと、子ども達と職員だけでつくるお別れ会が催されました。

DSC_0569 DSC_0574

DSC_0580 DSC_0582

DSC_0585 DSC_0588

DSC_0567

2013.3.29

文学の会

2月23日(土)は年長組の文学の会でした。クラスごとの発表で、詩あり言葉遊びあり少劇ありで、大道具・小道具の出し入れを含めて、子ども達はひとり何回もの出番があります。そして最後には全員での詩の唱えと歌があります。ひとりひとりの頑張りを写真でどうぞご覧ください。この発表の影には観客である保護者の皆様の励ましと感動が隠れていることを忘れないでください。

DSC_0398 DSC_0395

DSC_0405 DSC_0409

DSC_0410 DSC_0413

DSC_0422 DSC_0425

DSC_0443 DSC_0353

DSC_0370 DSC_0445

DSC_0449 DSC_0453

DSC_0454 DSC_0456

DSC_0464 DSC_0478

DSC_0483 DSC_0485

DSC_0503

2013.3.29

第33回卒園式

桜の枝の堅いつぼみにピンクの花芽がでて、すっかり春らしくなった3月14日(木)、第33回卒園式が行われました。年長組のひとりひとりが歌も言葉も証書授与も凛々しくやり遂げ、また、送る側になった年少・年中組もそれに立派に応えて、やさしい歌声と共に心に残る卒園式になりました。70名のきりん組の子ども達がたくさんの思い出を胸に幼稚園を巣立っていきました。

早いものです。東日本大震災そして原発事故から2年が経ちました。23年度は子ども達の健康を守る為に除染活動に費やした1年でした。生活に限定されながらも先生方で知恵を出し合い前向きの保育を進めてきました。

そして今年24年度は園内除染も終了した中、一定の安全を確かめながら、4月より伸び伸びとした本来の保育が進んだ1年でした。こうして無事、園運営できましたのも保護者の皆様と地域の皆様のご支援あればこそと思います。心より感謝申し上げます。

25年度4月からは71名の新入園児が入園してきます。続けて風早幼稚園へのご支援お願いする次第です。これからも、教職員一同、保護者の方や地域の方々に愛される園づくりを目指して参りたいと思います。

2013.3.29

雪あそび

CIMG7310

1月中旬、初めての雪!子ども達の登園の為の園バス送迎の検討や職員確保のため朝からおおわらわでしたが、子ども達にとっては思いがけない白銀の世界におおはしゃぎの一日となりました。築山からそりを滑らせたり、雪だるまや雪うさぎをつくったり、雪合戦はもちろん定番!雪がある限りふだんできないこれらの遊びは毎日続けられました。

CIMG7314 CIMG7315

CIMG7319 CIMG7313

CIMG7316

2013.2.5

うたの会

1月の末に1年の総まとめの行事として、年少・年中組のうたの会がありました。わらべうたの良さはマスコミにも取り上げられて久しいですが、大人や子供同士ふれあうことのよさ、音域がいまの幼児に合って声の出し方に無理がないこと、リズムの基礎である拍がとりやすいこと、生活に根ざした遊びであること、そしてなによりも聞く耳を育てることなど、多くの特徴があります。

私たちは遊びの中で、幼児期に育てたい音楽の基礎を、このわらべうたを通して行ってきました。遊びの良さはもちろん、今まで培ってきた幼児期の音楽性をぜひ感じ取って頂きたく思います。発表の場では先生と子どもが、また子ども同士が一体となって、心地よいやさしいわらべうたの世界を作り出し、観客である私たちも含め、保護者の皆様が多く引き込まれた時間であったように思います。

年長組は2月の下旬にやはり1年のまとめの行事として文学の会があります。また、ご紹介したいと思います。

【年少】

DSC_0186 DSC_0187

DSC_0189 DSC_0168

DSC_0171

【年中】
DSC_0226 DSC_0230

DSC_0211 DSC_0248

DSC_0252 DSC_0257

2013.2.5

節分

2月1日に豆まきをして節分を祝いました。それぞれの学年で鬼のイメージをつくり、室内や園庭で豆まきが繰り広げられました。「鬼は外!福は内!!」大きな声を出せばだすほど良いとされるこの行事、保育室の入口や園の玄関前にイワシをさした柊も飾られ、豆があちこちに飛び交い、また、口いっぱい豆をほおばる姿も多くみられ、笑顔が絶えない一日でした。

DSC_0264 DSC_0269

DSC_0273 DSC_0267

2013.2.5

子どもパーティー

DSC_1272

12月最後の行事は学年ごとに日を違い、子どもパーティーがありました。今月の1枚のこの写真に見るように、笑顔満面大成功でした。

どの学年も先生方がだしものに工夫を凝らして、子ども達へプレゼント。1部2部形式でそのだしものと間にティ-タイムがあり、ケーキ・紅茶で一休み・・・これはうれしいひとときです。そして2部の最後にはそれぞれの学年から先生方がかけつけて、しっとりと歌のプレゼントをしました。学年のだしものに、また歌のハーモニーに子ども達からわれんばかりの拍手が・・・先生方にとっても輝いたひとときでした。そしてそしてどの学年の時もサンタの登場!!大きな袋にプレゼントをもって、鈴の高らかに幼稚園にやってきてくれました。早い早いクリスマスです!子ども達の驚きと弾む思いが手に取るように伝わってきたひとときでした。

DSC_1262 DSC_1269

DSC_1260 DSC_0007

DSC_0002 DSC_0013

DSC_0029 DSC_0028

DSC_1283

2012.12.27

もちつき

年末にむかって、様々な行事がありました。子どもギャラリーが終わり、お餅つきへと。年少から
年長まで臼と杵を使ってもちをつきました。声をかけてつき手として手伝ってくれたお父さん方と各クラスからの丸め手としてのお母さんの協力のもと、今年も掛け声も華やかにもちつきができました。

やはり、杵と臼でついたもちはおいしかったですね。お母さん方の手により作られた「きなこもち
のおかわりの声がどのクラスも多く飛び交っていました。早めの正月気分!うれしいひと時でした。

DSC_1074 DSC_1083

DSC_1134 DSC_1098

DSC_1094 DSC_1112

DSC_1138

2012.12.27

サッカー大会

餅つきの後に続いたのが年長組によるサッカー大会でした。各クラス男子2チーム・女子2チームに組織し、男子・女子共4チームでの競い合いでした。それぞれでキャプテンを決め、闘い方を相談したりとチームワークも日ごとに高まり、当日に向かって胸を膨らませた子ども達!

当日は年少・年中の子ども達や、年長組の保護者の応援の中で、それぞれのチーム、精一杯の闘いが展開され、勝利に喜ぶ子ども達・負けて悔しい思いを思い切り出し合う子ども達、熱気のこもった大会は終了しました。勝敗はひとつの記録となりますが、それぞれのサッカーへの意欲とチームワークを育てあう仲間関係の成長は未来に続くものとして、大きな財産となりました。だから大きな大きな拍手をあげたいと思います。

DSC_1213 DSC_1182

DSC_1193 DSC_1192

DSC_1228 DSC_1231

DSC_1229

2012.12.27

1年間ありがとうございました

昨年の大地震と原発事故による園内の放射能汚染も除染活動が3月までに無事終了し、今年は一定の安全の中で、保育活動をスタートさせました。保育カリキュラムを原発事故前に戻し、子ども達が元気で伸び伸びと生活できるように配慮し、外遊びも豊かに展開されてきました。それでも、毎日園庭を測定器で測定し、園外での活動でも測定器を使用し、放射線量にも日々警戒を怠ることなくやってまいりました。また、続く地震にも同様に、気を抜かず地震訓練にも力を入れてきました。

こうして12月を迎えて1年間を振り返り、様々な行事そして日々の生活が何事もなく無事行うことが出来ましたのも、保護者の皆様方や地域の方々そして園を支援してくださる方々のお力があってこそと、教職員一同心より御礼申しあげます。1年間ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012.12.26