ブログ

砂場の砂の入れ替えをしました

子ども達の笑顔をみてください。砂場遊び再開です。11月2日・3日にかけて砂場の砂の入れ替えをしました。4日の市による放射線の定期的な測定では、砂場は0.008~0.009台で安全基準にあると判断をし、砂場遊びを始めることにいたしました。
放射線被ばくの心配がでた時期から、落ち葉の撤去・草取り・水撒き・U字講の清掃・敷地の隅々までの除染活動を常とし、職員・業者による表土の削り、高圧洗浄での除染なども定期的に行ってきました。今回は砂場の入れ替えをし、外遊びをまた豊かにしたいと思っています。
なお、11月の放射線の測定結果は市のホームページに掲載されておりますのでご覧ください。

2011.11.11

秋の遠足

10月21日(金)は一日曇り、雨を気にしながらも、なんとか天気がもちなによりでした。
年少組は市川市動植物園、年中組は上野動物園、年長組は国立科学博物館の遠足です。
年少組は園バスで、年中・年長組は柏駅から電車遠足です。それぞれのクラスを班ごとに分けて、お手伝いのお母さんと共に子ども達を引率し、安全をはかりながらの一日でした。
年少組は市川市動物園でうさぎ・牛・豚・馬などの身近な動物とレッサーパンダなどの動物を見たり、ふれあったりとまさに、年少組の遠足規模にもぴったりです。ミニSLも大人気、子ども達も笑顔いっぱいでした。
年中組は上野動物園、この日も混んでいました。人人人、、、、四足動物に絞っての見学予定でしたが、室内の動物はやはり見学しづらかったです。オープン柵の動物や、東園の動物園はじっくり見られました。また、電車遠足は新しい経験で、帰りなどは席があいていたのですが、車外の風景に興じて、ずっと立っている子もいました。
年長組の遠足は上野にある科学博物館です。科学の不思議な仕組みにふれたり、恐竜・大型動物のはく製で動物の進化を探ったりして興味津々、集中して自立ある行動に頼もしさを感じました。それぞれの学年のスナップをご覧ください。

【年少 〜市川市動植物園にて〜】

【年中 〜上野動物園にて〜】

【年長 〜国立科学博物館にて〜】

2011.11.11

第32回運動会おこなわれる

10月8日(土)、第32回運動会を大津ヶ丘第2小学校校庭で行いました。天高くまさに秋晴れの日、保護者の皆さまの熱烈な応援の下、子どもたちは伸び伸びと競技に興じました。
入退場門はなでしこJAPANの栄冠をたたへ、また、東日本大震災の復興を願い、被災に負けない日本を掲げてつくりました。テーマはまさしく、「がんばれ日本!」
オープニングでメッセージ旗をもち、子どもたち全員の行進からはじまりました。年少・年中・年長の年令的な育ちの違いがわかるかけっこから始まり、それぞれの学年が工夫を凝らした競技を次から次に披露。年少組のかわいいしぐさと衣装にやはり笑みがこぼれます。クラス対抗のつなひきで子どもたちの勝負に対する粘り強さに、保護者も含めて私たちも感動した年中組、力強い曲にのって勇壮に踊りきった年長組、またリレーも手に汗をにぎる展開で観客のボルテージは上がりっぱなしでした。
フィナーレは民踊「かんちょろりん」、我が園の歴史がこの民踊に光ります。昼前の終了でしたが、保護者の皆さまからは、内容の濃い・楽しい運動会だったと評価を頂きました。今から、紹介する写真にあの熱く・そしてさわやかな1日がよみがえります。

2011.11.11

十五夜「だんごを食す」

だんごを食す1年で一番美しいといわれる中秋の名月を祝い、3学年それぞれ十五夜の行事に取り組みました。
ススキ、おみなえし、われもこう、ききょうなど秋の草花を飾り、学年ごとに子ども達が集い、秋の風情を感じる詩や物語を人形やペープサートを使い、子ども達をお話の世界に誘いました。
子ども達の笑顔を見てください。とろけるようなみたらし団子を食して大満足。年長組は先生が抹茶をたてて、さらに会を盛り上げました。
その日の月はまんまる!本当に6年ぶりに満月でした。
ススキの風情がさらに盛り上げたことと思います。

07540750076107720778
07670770

2011.9.22

敬老の日のとりくみ

08289/19(月)は敬老の日です。年少・年中・年長組とも、家庭でおじいちゃんおばちゃんの宛名の協力を得て、学年それぞれに工夫をこらして作成し、作成したはがきをもってポストに投函しました。3才は園内の手づくりポストに入れました。
どのようなレターがおじいちゃんおばちゃんに届くのでしょう。ハガキの出来上がりは内緒!お楽しみに。

080808140830

2011.9.22

こぐまルームと年長組の交流

0723朝晩、秋の気配を感じるようになった9月… いよいよ2学期がスタートになりました。
年長組はこぐまルームとの交流からはじまりました。こぐまルームに通う子どもたち(2才児)をきりん1組・2組の部屋に迎え入れ、共に遊びました。年長組の子が「おいで!」と招き入れ、また手をひいて招き入れる子もいて、やさしく世話したり、遊びを教えたり、ともに遊んだりと…その姿はこぐまルームのお母さん方に大好評でした。
きりん組とこぐまルームがつくる、とてもやさしい時間でした。

071707130721

2011.9.22

夕涼み会

0668夏の終わり、園庭を中心に夕涼み会が行われました。
お面づくりコーナー・ヨーヨーコーナー・くじコーナー・飲み物コーナーなどなど、様子なコーナーで親子で遊び、スティールパンの演奏の音色に酔いしれ、盆踊りで盛り上がりました。
ゆかた姿もこの日をもって見納め。親子での楽しい時間となり、終了しても立ち止って集う姿が多くみられました。

06930666066106650659

2011.9.22

七夕のつどい

七夕の日を祝い、子どもたちそれぞれにつくった飾りや願い事を笹に飾ります。
「大きくなったらサッカーの選手になりたい」「花屋さんになりたい」etc…
一人ひとりの子どもたちの思いは天に届いたのでしょうか?
ひたむきな子どもの思いが一枚の写真になりました。
七夕のかざりつけ(3歳)
年少組:6/30(木)
年中組:7/4(月)
年長組:7/1(金)

それぞれの学年が、1部2部形式で大人から子どもたちへだしものをプレゼント、中間にティータイムがあり、おやつを頂きます。我が園ならではの子どもたちとのパーティーです。年少組から年長組まで、それぞれ日を違えてプレイルームで行いました。詩・となえ言葉・物語などを、ペープサート・パネルシアター・ブラックシアターを使って、年齢別の工夫を盛り込んだだしものは、子どもたちをいつもとりこにしています。

2011.7.15

年長組大イベント! お泊まり会

七夕が終わると、年長組は一泊二日の合宿、お泊り会がありました。今年は手賀の自然に囲まれた、手賀の丘少年自然の家に宿泊し、その地域ならではの取り組みを楽しみました。

◆我孫子市立鳥の博物館◆
我が子との短い別れに心を残すお母さん方の熱いまなざしを背に田園風景の中バスは走り、手賀沼の水面がキラキラ光る中、あっという間に鳥の博物館に着きました。69名全員元気! 博物館では鳥のスタンプラリーが大受け、子どもたちの活動が盛り上がりました。メジロ・オオバン・ドードー・おながの4羽を探し回る子どもたち、理事4人がスタンプことシール担当、普段からの環境認識の教育効果抜群、探し出してはシールをもらい本当に楽しい活動になりました。

◆手賀の丘公園散策・アスレチック◆
多くのアスレチックを有する手賀の丘公園での遊びです。一人ひとりが目標を立ててアスレチックに挑む子どもたちの顔は程よい緊張感の中、自信にみなぎっていました。

◆創作活動◆
自然の家でのプログラム、創作活動のパズルづくり…世界で唯一のパズル…「ぼくアスレチックしてるところ絵にしたんだ」…子どもたちの声と見せ合う姿は真剣そのものでした。

◆大風呂から夕食へ◆
クラス全員で入ったお風呂…大きかったこと…全員での背中洗いも恒例です。少々蒸し暑い日でしたが大汗を洗い流すと、子どもたちはさらにはずむように元気になりました。写真でお見せ出来ないのが残念!待ちに待った夕食は、先生方の配膳のうまさもありメニュー豊かで、子どもたちは大食漢になりました。

◆キャンプファイヤー◆
西の空がまだうっすらとピンクの色を残した19:30…広場でキャンプファイヤーが始まりました。◯バツゲームやじゃんけん列車などで楽しむ中、辺りが夜の帳に包まれて、神聖な音楽と共に美しい火の神が登場…薪に火が点火され不思議な初めての世界に子どもたちはすっかり夢中になりました。

◆そして翌日へ◆
キャンプファイヤーの感動と興奮を胸に眠りに入った子どもたち、次の日の時を告げる子どもたちの声の早かったこと…本当に子どもは元気です。緑いっぱいの自然の中、芝生の広場で体操、爽やかな笑顔で思い切り体を動かす子どもたち、朝食が進みました。

食後はプラネタリウムの鑑賞で宇宙の旅を満喫し、お母さんの待つ園への帰路に入りました。一人ひとりの土産話がその夜のごちそうになったのでは…69名全員参加のお泊り会でした。

2011.7.14

夏休みに入ります。

梅雨も明けました。年少・年中・年長とも水遊びを楽しみ夏休みに入っていきます。手作りの夏休み帳が子どもたちの夏休みにリズムをつけます。
夏ならではの過ごし方をとり入れて、安全で楽しい夏休みとなってほしいです。

2011.7.14