水に浮かぶ?沈む?〈うさぎ組〉

夏も近づいてきて、蒸し暑くなってきましたね。

 

今日、うさぎ組では「環境認識:水に浮かぶもの、沈むもの」の課業をしました。

 

子どもたちが登園すると、「なにこれ!」との声が!

葉や枝、ストロー、割り箸、毛糸、綿、トイレットペーパーの芯、輪ゴム、、様々な素材に興味津々!

 

まずは実際に触ってみて、感触や重さを確かめました。

 

次に、水に浮かぶか沈むか、子どもたちで予想しました。

「軽いから浮かぶと思う!」
「大きいから沈むのかな?」
いろいろな意見が出ます。

 

そして、そーっと水の中に入れてみると、、、

「わあ!浮いた!」「あれ!沈んだよ!」
と歓声が上がりました。

 

「スポンジはゆっくり沈むね~」
「水が入ったからじゃない?」

「お茶碗は中に水が入ると沈んでいくね!」
「紙コップも同じだ!」

子どもたちで話し合う姿もありました。

 

特に盛り上がったのは、お花紙!

初めは浮かんでいても、少しずつ時間をかけて沈んでいきます。

その様子をじっくり見守る子や、指でつついてみて破れていく様子を楽しむ子もいましたよ。

 

最後は、浮かぶものと沈むものを仲間分けしてみました。

他にもいろいろ調べてみたくなりますね!

ぜひ、お家でも親子でやってみてください!

カテゴリー: ブログ, 幼稚園の生活, 年中組, 環境認識   パーマリンク