こぐまルーム

今週のこぐまルームでは、体育の道具フープを使って親子で体操をした後は、『くだものの名前・食べ方を知る』を楽しみました。

フェルトで作った、バナナ・みかん・りんごを見せると「バナナ好き~」「みかん!」と大きな声で名前を教えてくれました。
「どうやって食べる?」の質問には、「皮をむくよ」「下から」など子ども達自身から思い思いの言葉が出てきました。

 

今はカットフルーツを目にすることが多く本物に出会う機会が少なくなり、DVDや本の中で見たことで「知っている!」という子どもが増えました。
毎日の生活の中で目の前で皮をむいたり、スーパーで野菜や果物の名前を言いながら買い物をすることが、子ども達の知識に繋がっていくのです。

ぜひ、意識をしながら会話をしてみましょう。

カテゴリー: ブログ, 未就園児, こぐまルーム   パーマリンク