第33回卒園式

桜の枝の堅いつぼみにピンクの花芽がでて、すっかり春らしくなった3月14日(木)、第33回卒園式が行われました。年長組のひとりひとりが歌も言葉も証書授与も凛々しくやり遂げ、また、送る側になった年少・年中組もそれに立派に応えて、やさしい歌声と共に心に残る卒園式になりました。70名のきりん組の子ども達がたくさんの思い出を胸に幼稚園を巣立っていきました。

早いものです。東日本大震災そして原発事故から2年が経ちました。23年度は子ども達の健康を守る為に除染活動に費やした1年でした。生活に限定されながらも先生方で知恵を出し合い前向きの保育を進めてきました。

そして今年24年度は園内除染も終了した中、一定の安全を確かめながら、4月より伸び伸びとした本来の保育が進んだ1年でした。こうして無事、園運営できましたのも保護者の皆様と地域の皆様のご支援あればこそと思います。心より感謝申し上げます。

25年度4月からは71名の新入園児が入園してきます。続けて風早幼稚園へのご支援お願いする次第です。これからも、教職員一同、保護者の方や地域の方々に愛される園づくりを目指して参りたいと思います。

カテゴリー: 幼稚園の生活   パーマリンク