秋の遠足

10月21日(金)は一日曇り、雨を気にしながらも、なんとか天気がもちなによりでした。
年少組は市川市動植物園、年中組は上野動物園、年長組は国立科学博物館の遠足です。
年少組は園バスで、年中・年長組は柏駅から電車遠足です。それぞれのクラスを班ごとに分けて、お手伝いのお母さんと共に子ども達を引率し、安全をはかりながらの一日でした。
年少組は市川市動物園でうさぎ・牛・豚・馬などの身近な動物とレッサーパンダなどの動物を見たり、ふれあったりとまさに、年少組の遠足規模にもぴったりです。ミニSLも大人気、子ども達も笑顔いっぱいでした。
年中組は上野動物園、この日も混んでいました。人人人、、、、四足動物に絞っての見学予定でしたが、室内の動物はやはり見学しづらかったです。オープン柵の動物や、東園の動物園はじっくり見られました。また、電車遠足は新しい経験で、帰りなどは席があいていたのですが、車外の風景に興じて、ずっと立っている子もいました。
年長組の遠足は上野にある科学博物館です。科学の不思議な仕組みにふれたり、恐竜・大型動物のはく製で動物の進化を探ったりして興味津々、集中して自立ある行動に頼もしさを感じました。それぞれの学年のスナップをご覧ください。

【年少 〜市川市動植物園にて〜】

【年中 〜上野動物園にて〜】

【年長 〜国立科学博物館にて〜】

カテゴリー: 幼稚園の生活   パーマリンク