年長組大イベント! お泊まり会

七夕が終わると、年長組は一泊二日の合宿、お泊り会がありました。今年は手賀の自然に囲まれた、手賀の丘少年自然の家に宿泊し、その地域ならではの取り組みを楽しみました。

◆我孫子市立鳥の博物館◆
我が子との短い別れに心を残すお母さん方の熱いまなざしを背に田園風景の中バスは走り、手賀沼の水面がキラキラ光る中、あっという間に鳥の博物館に着きました。69名全員元気! 博物館では鳥のスタンプラリーが大受け、子どもたちの活動が盛り上がりました。メジロ・オオバン・ドードー・おながの4羽を探し回る子どもたち、理事4人がスタンプことシール担当、普段からの環境認識の教育効果抜群、探し出してはシールをもらい本当に楽しい活動になりました。

◆手賀の丘公園散策・アスレチック◆
多くのアスレチックを有する手賀の丘公園での遊びです。一人ひとりが目標を立ててアスレチックに挑む子どもたちの顔は程よい緊張感の中、自信にみなぎっていました。

◆創作活動◆
自然の家でのプログラム、創作活動のパズルづくり…世界で唯一のパズル…「ぼくアスレチックしてるところ絵にしたんだ」…子どもたちの声と見せ合う姿は真剣そのものでした。

◆大風呂から夕食へ◆
クラス全員で入ったお風呂…大きかったこと…全員での背中洗いも恒例です。少々蒸し暑い日でしたが大汗を洗い流すと、子どもたちはさらにはずむように元気になりました。写真でお見せ出来ないのが残念!待ちに待った夕食は、先生方の配膳のうまさもありメニュー豊かで、子どもたちは大食漢になりました。

◆キャンプファイヤー◆
西の空がまだうっすらとピンクの色を残した19:30…広場でキャンプファイヤーが始まりました。◯バツゲームやじゃんけん列車などで楽しむ中、辺りが夜の帳に包まれて、神聖な音楽と共に美しい火の神が登場…薪に火が点火され不思議な初めての世界に子どもたちはすっかり夢中になりました。

◆そして翌日へ◆
キャンプファイヤーの感動と興奮を胸に眠りに入った子どもたち、次の日の時を告げる子どもたちの声の早かったこと…本当に子どもは元気です。緑いっぱいの自然の中、芝生の広場で体操、爽やかな笑顔で思い切り体を動かす子どもたち、朝食が進みました。

食後はプラネタリウムの鑑賞で宇宙の旅を満喫し、お母さんの待つ園への帰路に入りました。一人ひとりの土産話がその夜のごちそうになったのでは…69名全員参加のお泊り会でした。

カテゴリー: 幼稚園の生活   パーマリンク